at Five 株式会社アットファイブ

Slackのワークフローをお試しでいきなり経費申請フォームを作ってみる

中村聞吾

中村聞吾

2019/10/18

こんばんにちわ、中村です。時差ボケで若干おかしい気がします。

気がついたらSlackからワークフロー機能がリリースされていましたね。

ワークフローの自動化で作業をシンプルに( https://slack.com/intl/ja-jp/features/workflow-automation

 

世の中、RPAなど自動化ツール大人気ですが、この手のワークフローツールも社内のルールに則って運用する諸作業を統制する上では非常に有効ですよね。ということで、初見でどこまで作れるかを試すべくSlackのワークフローを触ってみようと思います。

その前に、内容としては弊社の曙橋オフィスでの経費申請を自動化してみようかと。要件としては、

  • 申請者がマネジメント層(代表の武井と私)に申請をする
  • 申請内容は、購入物品(サービス)と金額とその理由
  • 今まではSlackチャンネルにメンションでメッセージ書いてもらっていたから、この通知は維持したい

こんなところです。

まずは、Slackを開いて(Macのアプリだと開くと固まったのでブラウザで開くとよさそう)画面左上のメニューからワークフローを選びます。本当は共有チャンネルとかも試さねばだけど、ここは心を鬼にしてワークフローを試す、試すんだ。

幾つかのワークフローのタイプがあるみたいですね。今回はアクションメニューを選択します。

本当は、絵文字リアクションあたりが いたずら 楽しそうですが、今回は実用的な内容を目指すべく「アクションメニュー」にします。

まだ、何も登録されてないのでまっさらなダッシュボード。ここに新しいワークフローを作っていきます。「ステップを追加」をクリック。

そうすると具体期に何するのか進めていきます。

基本的にはフォームへの質問(入力内容)と回答(どんな内容、主にテキスト量や選択肢)を決めていきます。

複数のフォームを作成したり、必須項目を決めることも可能です。

※最後の「提出された回答をチャンネルまたはDMで他のメンバーに送信する」のチェックを外すと、送信の度に内容がチャンネルに二重表示される状況が回避されます。

ワークフローなので、1つのアクションのあとにさらにアクションを重ねることも可能です。

実際の利用は、こちら。ブラウザからは⚡マークを押して、利用するワークフローを選択します。

そうすると、入力フォームが現れるのでこいつに内容を埋めていき、最後に「送信」を押す。



株式会社アットファイブでは一緒に働く仲間を募集しています!
採用情報ページはこちら



K’s memorandum③

アットファイブでの役職が「RedBull Junkie」になりましたK子です。 最近とても寒くなりました。 こんな寒い日にはやっぱりこれ。 (食べ...

K 子

K子

もう一つの全体会議

バレニンだよ。 バレニンはいつも曙橋オフィスの定位置にいるよ。 ここ。   今日はatfive全体会議でみんながつけていた名札の二つ名を紹...

バレニンくん

バレニンくん

アットファイブ第14期 期首全体会議を行いました

ご無沙汰しております、武井です。 今年もあと2ヶ月ということで、やり残したことが多くあるなと少し振り返っています。ちょうど10月末でアットファイブは会計上の締めを迎えており、...

武井浩展

武井浩展

アットファイブwebチーム-Report:2019年10月

こんにちは。WebチームのY子です。 [avatar user="yamamoto" height="20" width="20"] 入社から半年経ったことにあっという...

Y子

Y子

K’s memorandum②

オフィスのトイレを私物化しているK子です。すいません。 夏バテで食欲が減るので、仕方なく辛いものを食べていますが、お腹を下しちゃう毎日です。   ...

K 子

K子

アットファイブwebチーム-Report:2019年7月

こんにちは、アットファイブWebチームのY子です。 先日、Macbookを踏んづけて真っ二つになった夢を見ました。 何か悪い予兆の気がしてならないのですが、気を引き締め...

Y子

Y子

ページトップに戻る